HOME>アーカイブ>意思疎通をしっかり図ってから治療をしてくれる

撮影機材があるか否か

男性

亀有にも腕利きの歯医者がいますが、選ぶにしても実際に治療をしてもらってみなければ、技術面を図り知ることは難しいでしょう。ですから、正しい診断をする上で重要となる『機械』を導入していることを基準に考えてみましょう。例えば、歯並びが悪いといっても、患者さんによって原因は異なります。正確な診断でなければ、患者さんに負担が強いられます。内容によっては、治療が終わるまでに時間がかかってしまうこともあったり、診断が違えばそれだけ費用も負担になります。撮影機材によって原因が分かったり、成長期の子供ならば成長を予想して治療計画が作成できます。選ぶ上で、適材適所ではありませんが、機器設備に定評がある、こうした基準が利得になるでしょう。

コミュニケーションを図る

歯科医

手話を1つのコミュニケーションツールにしている歯医者さんが、亀有で評価されています。口腔内の治療では、手術も必要になれば、口が開けずに会話が難しいこともあります。亀有は言わずもがな高齢者が多い地域、老化によって難聴である患者さんもいらっしゃいます。聴覚に障害があっても、マスクを外して『口を見せてほしい』とお願いしなければなりません。そんな場合も、身振り手振りの手話を役立てています。治療費や治療方針など、特に大切な事項は筆談も行って、意思疎通を図る、そうした歯医者さんがいらっしゃるのも特徴です。

患者さん目線である

男女

歯科助手や歯科衛生士が亀有にはいらっしゃいます。歯肉の色のチェックをしてくれるなど、歯周病の初期症状に気づかせることをする歯医者さんである特徴ももっています。虫歯、歯抜け、口臭にも繋がるなど、ひと昔前は不治の病といわれていましたが、今は予防も治療もできます。何か不調が起こってからでなければ行動しない患者さんが少なからずいるため、歯の定期検診も担いますし、かかりつけ医にもなります。治療より痛みのない予防、そして健康的で医療費が安く納まる、そうした歯医者さんであるのが特徴です。

広告募集中